藤原学園の『年中夢求』日記

鹿の王
●むこう向きのおっとせい その502先ほど卒業生に借りていた『鹿の王』(上橋菜穂子作)をようやく読み終えた。借りてからちょっと時間が経ってしまった。「人は自分の身体の内側で何が起きているのかを知ることが出来ない」「一人(あるいは生物の身体は、細菌やらウィルスやらが、日々共生したり葛藤したりしている場である」「それは社会に似ている」とこの3つが重なって、物語が生まれたらしい。見ることのできない体の中
>> 続きを読む

令和元年 桐蔭中学理科実験合宿
●むこう向きのおっとせい その50114日・15日に桐蔭中学1年生の合宿があった。今年の生徒たちは桐蔭の25期生なのでこの合宿も25年続いていることになる。今年は7クラスになったので実験も去年から2つ増えた。実施した実験は「カエルの解剖」「薬品の怖さと面白さ」「金貨銀貨作り」「LEDの研究」「琥珀磨き」「炎色反応」「レンズカメラ作り」の7実験。私は今年も「薬品の怖さと面白さ」の実験を担当。1クラス43名から45名と
>> 続きを読む

祝500回!
●むこう向きのおっとせい その500ブログ更新が大幅に遅れてしまった。2009年11月2日に1回目のブログを書いてから今回が500回目となった。約10年間、我ながらよく続いていると思う。ブログを書き始めたころから考えると、自分を取り巻く環境は大きく変わった。多くの出会いや別れがあったけれど、やはり別れの方が心に残る。このままずっと続いて欲しいと願うことも、「時」には感情がないのか、容赦なく押し流し
>> 続きを読む

運動会を見に行った
●むこう向きのおっとせい その499日曜日W中学の運動会を見に行った。中3生に見に来て欲しいと言われたからだ。学園卒業生で、現学園保護者のIちゃんが正門まで迎えに来てくれた。昼から行ったので競技はリレーが中心で、クラブ対抗リレー、混合リレー、学年対抗リレーとあった。生徒たちを何人か見たが、懸命にグランドを駆けている姿は、普段の様子とは違っていて新鮮だった。また彼らを見る目が少し変わりそうだ。最後は中
>> 続きを読む

ただの10円玉が育てるもの
●むこう向きのおっとせい その498土曜日のジュニアサイエンスで小1・2は10円玉を綺麗にする実験をした。元はピカピカだった10円玉も使っているうちに、汚れと酸化でその輝きが消えてしまう。それを元のように光り輝く10円玉に戻すのだ。子どもたちの中には、知識として知っている者もいたが、実際にやったことのある者はいない。本当に綺麗になるのか半信半疑だ。汚れの原因と、それを取り除く方法の説明をした後、実
>> 続きを読む