藤原学園の『年中夢求』日記

色褪せない
●むこう向きのおっとせい その493昨日奈良に「曜変天目茶碗」を見に行った。朝日デジタルには直径12センチほどの漆黒の肌に、無数のオーロラをまとって輝くように見えることから「小碗の中の大宇宙」と言われ、優麗な華やかさを誇る曜変天目茶碗。と書いてある。中国から日本に伝わり、現存するのは世界に3点しかなくその3点すべてが日本にあるらしい。実際に見てみたが、LEDでライトアップされた茶碗は青い輝きを放ち、角
>> 続きを読む

予感
●むこう向きのおっとせい その492新学期が始まって1週間が過ぎた。大きな変化を迎える年になったが、今のところ混乱もなく、穏やかにスタート出来たように思える。ただ中間テスト明けに変化が起きる可能性はあるかもしれない。しかしどのような変化であれ、それを受け入れて、対応していくしかない。「大量絶滅がもたらす進化」という本がある。著者はサイエンスライターの金子隆一。いわゆる6500年前の巨大隕石衝突が必
>> 続きを読む

今日から新学期
●むこう向きのおっとせい その491卒業式、春合宿、明星中学の理科実験合宿、春期講習会と行きつく間もなく行事が続いた。そして昨日は新年度に向けてのスタッフ会議があった。新たに助手として、学園のお手伝いをしていただくメンバーを迎え、授業の進め方の確認をした。一番若い人は大学に入学したばかり。当然のことながら私との歳の差はぐんぐん離れていく。でもこうして新しいスタッフを毎年迎えられることは、嬉しい限り
>> 続きを読む

今までとは変わる
●むこう向きのおっとせい その49027日から初の合宿となる明星中学の合宿の準備のために26日の午前1時発のフェリーで小豆島にわたった。明星中学の合宿では、新中2の生徒が7つの実験を体験した。どの実験も子どもたちは熱心に取り組んだ。初の男子校なので、どんな感じになるのか不安もあったが、そんな不安も、子どもたちの反応を見ていると吹き飛んだ。とてもいい反応だった。明星中学の合宿のあと、一人で島に残った
>> 続きを読む

春合宿
むこう向きのおっとせい その489今、春合宿の帰りのフェリーの中だ。23日から始まった合宿だが、あっと言う間に終わりの日を迎えた。在校生は各自の学習課題に取り組み、朝から晩まで学習に取り組み、先日学園を卒業した中3生は卒業旅行で、自由な時間を過ごした。卒業旅行生の相手をするのは、この春、学園を2度目の卒業をする学園スタッフ。行きの船の中で、計画を立てる段階から一緒になって計画を練ってくれた。本部校と若江
>> 続きを読む